様々な予備校の詳細や偏差値情報をまとめてみました

予備校とは?

予備校とは?

大学志願者のための高校生や浪人生を対象とした大学受験予備校が最も一般的です。その他、司法試験や公務員試験・医師国家試験をはじめとする資格試験に対する予備校も多数存在しています。予備校の大きな特徴は、各教科の専任の講師が存在する点です。各大学の対策や傾向を常に講師が研究しているほか、古文・漢文など各分野別のコースが多数存在します。また人気がないと稼げないシビアな世界なため、指導に関しては定評がある講師が多いのも特徴です。しかし中には映像授業だけの場合もあり、塾とは異なり質問はなかなかできない環境のため、自分で勉強ができ、理解力の高い生徒が向いていると言えます。

人気の塾、武田塾はこちら

偏差値とは?

偏差値とは?

受験などで志望校を絞ったり、受験の目標を立てる時に使用される偏差値とは、ある集団の中でその位置を示す数値の事を指します。平均点を取った人の偏差値を50として、平均点を下回るならば49,48・・であり、平均点を上回るならば51,52・・となっていくのです。成績を表す時には得点や順位が使用されますが、科目毎に平均点が違えばその点数だけで比較する事は困難です。しかしながら偏差値の特徴は受験した集団の中で自分の客観的な学力位置が分かるために指標として使用できるのです。

予備校と偏差値の関係

予備校と偏差値の関係

多くの受験生たちは大手予備校が発表する偏差値に注目し、これに基づいて志望校を決定していきます。このように両者の関係は、受験生と志望校をつなぐ役割を果たしていると考えることができます。また、大手予備校では各種模擬試験を実施しており、この時の判定でも偏差値が活用されます。これらの事情から言えることは、予備校と偏差値の関係は切っても切れない関係ということです。その反面、評価は低くても教育内容や就職実績が素晴らしい大学はたくさんあります。受験生としては、このデータに過度に縛られる必要はないとも考えられます。

大学受験するなら予備校に通うべき?

大学受験するなら予備校に通うべき?

大学受験をするにあたって、予備校は単に勉強を教えてもらうとか、苦手な科目を重点的に指導してもらうだけではありません。自分と近いレベルの他の受験生と日頃から競い合い、情報交換をすることで、日々の勉強により力を入れることができます。また、予備校の講師から客観的に今の自分の状況を分析してもらい、何をすべきかリアルタイムで指導をしてもらうことができます。日頃からの積み重ねの結果が受験の本番に発揮できるよう、予備校に通うべきです。

予備校に行けば偏差値はあがる?

予備校に行けば偏差値はあがる?

予備校に通う人には偏差値があがる効果が十分望めます。その理由は優れた学習環境にあり、効率そのものを改善することが可能だからです。独学では誘惑も多く集中力が乱れがちになってしまいます。なおかつ力を入れるべきポイントが分からず、無駄に時間を費やすこともあるでしょう。予備校ならば正しい取り組み方から教えてくれますので無為な努力がなくなります。そして周囲に多くのライバルがいることはモチベーションを高める最上の環境です。こうした数々の恩恵が与えられる以上、偏差値があがる学生に予備校通いが多いのも当然です。